Ryukoku University
Faculty of Science and Technology
Department of Electronics and Informatics
Wataru UEMURA
Sitemap

Main Menu
矢印メインメニュー
矢印ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
Informatiom

理工ジャーナル-「人工知能」の研究とは?: 生体の知能  
執筆者: wataru
発行日付: 2006/12/14
閲覧数: 2037
サイズは 572 バイト
印刷用ページ 友達に教える
 
人工的な「知能」の実現を考える際,対として生体の「知能」がどうなっているかという解析も必要です.よく用いられる例ですが,「空を飛びたい」という夢に対して,鳥の真似をしても飛ぶことはできませんでした.理屈を考え,計算の結果できあがったものは,羽ばたくことのない,重たい鉄の塊である「飛行機」でした.つまり,生体の構造を追及するよりも,発想の転換で,新たな構造を考えるほうが,実現する場合もあるということです.ですので,生体の「知能」の真似をしても,「人工知能」の実現は保証されません.しかし,知能に近づくために生体の「知能」を解明することは,決して無駄にはならないでしょう.
 
評価された記事: 0.00 (0 件の投票)
このファイルの評価
カテゴリに戻る | カテゴリの一覧に戻る




Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project